睡眠薬=危険な薬ではありません

睡眠薬=危険な薬ではありません

睡眠薬は危険?

寝不足や寝つきの悪さを自覚してはいるものの、睡眠薬を飲んで寝ることには抵抗がある…。
そう思っている人は多いのではないでしょうか。

たしかに、大量の睡眠薬を飲んで自殺を図る、デートレイプに用いられているなど、睡眠薬に対するマイナスイメージが定着しているのかもしれません。

しかし睡眠薬は、決して危険な薬ではありません。
現在の不眠症治療で用いられている睡眠薬は、おもにベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系に分類される薬剤。
緊張や不安などで敏感になっている脳を落ちつかせ、寝つきやすいコンディションへと導くという役割を持っています。

「睡眠薬は怖い」という考えは過去のもの。
1960年代まで主流だった睡眠薬はバルビツール酸系薬剤で、治療に適した用量と致死量の見極めが難しいうえに依存性が高く、治療中に死亡してしまう事例もありました。

その後、安全性の高いベンゾジアゼピン系薬剤が登場してからは、バルビツール酸系薬剤が用いられることはほとんどありません。

ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、アモバンやルネスタ、サイレースなど、さまざまな種類があります。
いずれも医療機関で処方される睡眠薬。服用方法や適切な用量が指示されるので、不眠症治療のせいで身体に危険がおよぶことはありません。

どんな医薬品でも用法・用量を守って服用することが大切です。
睡眠薬を安全な薬として治療に生かせるのか、危険な薬にしてしまうのかは、服用する人次第。
「安定した睡眠を得たい」「スムーズに寝つきたい」など、眠りにまつわる悩みを解決するためには睡眠薬が欠かせません。

睡眠薬を飲むのはリスクが高そう…と敬遠するのではなく、正しい方法で安全に活用することが不眠症治療の第一歩なんです。